ここでは、東北各キャリアのあまり一般のお客様が知る事の出来ない情報と、「でんまる1」が思っている不満等ををお伝えします。基本的にはノンフィクションですが、一部未確認の情報もありますのでご注意下さい。ほとんどテキストで、誤字脱字があってもお許し下さい。また、時間の許す限り、細かく更新していく予定ですので、よろしくお願い致します。又各キャリアの担当の皆さん文句があるなら当店の携帯がどこの代理店から出荷しているかを調べるなんてせこい事をしないで直接当方にメールをよこしなさい!!!以下の日付は書いた日です。

バックナンバー 1999.4.11〜1999.10.16

00/02/07 一応被害にあったTCT

10/26 TCT代理店からメモリダイアル流出。


2/7 久々の更新です。東北の方はご存知だと思いますが、先日、あのおばか東北セルラーが、今度は料金計算の外注先の社員に料金を裏操作されると言う事件がおきました。それに対しての各代理店に、TCTからきた文書を掲載致します。
以下ほぼ丸写し。

代理店各位 
                            平成12年2月1日

                           東北セルラー電話株式会社
                           取締役
                           営業推進部長 ×× ××

  東北セルラー電話(株)の計算業務依託先である東北コンピュータ・
    サービス(株)元社員によるデータ改竄のよる被害について

 この度、当社の業務依託先である東北コンピュータ・サービス(株)(以下 T C
S )元社員が通話料金に係る「コンピュータ・データ改竄」により検挙されま
した。
 当社は T C S に携帯電話利用者の「通話料金の計算」「通話料金の請求書作
成」等の業務を依託しております。
平成11年10月中旬頃、当社通話料金等を精査中荷平成11年9月分扱いについ
て疑義が生じ、調査依頼を行っていたところでした。
 T C Sより平成11年11月上旬、平成11年9月分通話料金が改竄され、
元T C S 社員の個人的立場での処理が実行された旨の報告を受けました。
平成12年1月下旬に警察署へ「被害届」を出しました。その被害は、件数で
230件、金額で560万円位でした。
 本件に関し、当社の依託業者である T C S の元社員が「コンピュータ・デ
ータの改竄」に起因した犯罪を惹起させ、結果として当社が被害を受けた点は、
極めて遺憾と考えております。 
 当社といたしましても、係る事が再発せぬようT C S に改善と再発防止策の
確立を強く要請してまいります。また、当社においてもチェック体制の見直し
を行い業務処理体制の確立を図ってまいりますので今後とも宜しくお願い申し
上げます。
まずは、取り急ぎ状況の報告を申し上げます。
    
                                   以上

こんな感じです。
自分が何かやらかしても、おわびの文書等は、ほとんどまわしたことのないTCTが、いざ自分がやられると遠回しに「自分は悪く無い!!私達は被害者だっ」って訴えるように文書をまわすところは、TCTだなって感じです。今の世の中、そんな会社の頼む方も悪いって考えるのは私だけでは無いと思います。

東北コンピュータ・サービス http://www.tohoku-tcs.co.jp/


10/26 やはりこういう事をする、「馬鹿」はいたんですねーー!!!岩手県の、TCT代理店の某自動車販売店で、機種変更をしたお客さまのメモリダイアルのデータが、悪用されたようです。完全な裏は取れておりませんが、ほぼ確定の情報です。
ある、TCTユーザー(Aさん)が、その代理店で、機種変更をした翌日から、その端末にメモリ登録していたの複数の(特に女性の友人(Bさん他))いたずら電話がかけられたようです。その事実は、AさんのBさん他との会話から発覚したもので、Aさんの話では「タイミング的に考えても、代理店から電話番号が洩れたとしか考えられない」ということです。また、そのいたずら電話をした馬鹿者の中には、親切に番号通知をしてかけてきた「大馬鹿者」もいたようで、Aさんは、その番号をもとに、あるところに調査依頼をするようです。
 この事件で、TCTをはじめ、各キャリアの販売店に対する細かい部分の指導の徹底がなされていないと思います。目に見える部分、例えば、免許証のコピーの管理・口座番号・カード番号などの管理は、ある程度は指導していますが、このような部分までの指導は全くと言って良い程ありません。これは、販売店であるわたしが言うのですから間違いありません。これだけ携帯が普及した今となっては、携帯の番号は、今、行政でやろうとしている「国民総背番号制」の番号と同じ意味を持つくらい重要な番号と言っても過言ではないと思います。「でんまる1」を含め、他の販売店、各キャリア、このような事があっては絶対にいけない事ですが、現実的にここまで携帯電話を扱っているところが溢れている中、完全な指導も難しいのも事実です。正直申しまして、ドコモの得意技の「個人データ流出」事件などが相次ぐ中、自分で守れる情報は自分で守るしかないようにも思えてきます。メモリダイアルは市販の転送ソフトを使えば自分で簡単に管理できますので、機種変更等で自分の端末を他人に預ける場合、メモリダイアルは全て消してから依頼しましょう。